ブリッジSEとは?仕事内容や必要な資格、年収などを紹介

ソフトウェア・Webシステム・アプリ等の開発業務に海外の企業・リソースを活用していくオフショア開発を行っていく上で、橋渡し役として必要なブリッジSE。
IT化やグローバル化が進む現代において注目を浴びる職業であるブリッジSEについて詳しく見ていきましょう。

 

ブリッジSEとは

ブリッジSEは、システム開発の一部を海外で行うオフショア開発を円滑に進めるための橋渡し役を担うシステムエンジニアのことです。
オフショア開発を行う理由は、海外の技術者を活用することで、人件費の削減と優秀なエンジニアの活用(契約期間内の利用)を行えるメリットがあるためです。
しかし、問題として、必ずしもオフショア開発先の言語を話せる人間がいるとは限りません。
通訳としての仲介、他にも海外のエンジニア事情を熟知しているブリッジSEがいることで、交渉を円滑に進めていくことが可能になります。

ブリッジSE

ブリッジSEになるメリット

ブリッジSEの業務は海外での活動がメインになります。そのため、語学力の向上はもちろん、海外でしか味わうことのできない経験を得ることが出来るというメリットがあります。
グローバル化が推し進められている現代で、海外にビジネス展開をする土台を作ることが出来るのは大きなアドバンテージになります。
また、ITフリーランスとして活動していく上で、自己をアピールする大きな材料となることでしょう。英語圏での取引を経験することで、様々な国で活躍していくことが出来ます。

ブリッジSEの仕事内容

ブリッジSEの仕事内容
続いて、ブリッジSEの仕事内容を紹介します。
ブリッジSEは、「オフショア開発を円滑に進めていくために海外企業との橋渡しを行う」職種です。具体的な業務内容は、以下になります。

【オフショア先へのプロジェクト説明】

オフショア先は海外のため、言語の違い、文化の違いが仕事を進めていくための障害になり得ます。例として、海外のエンジニアは途中で入れ替わることがあります。日本でエンジニアが途中で交代することは、よほどの理由がない限りあり得ません。
こういった働き方の違いも考慮して、プロジェクトの計画を立て、オフショア先へ説明することがブリッジSEの仕事になります。

【オフショア先への補足説明】

プロジェクトの計画を立てたら、オフショア先へ設計書を送ります。設計書の様式は、国によっても変わるため、ブリッジSEを挟まずに直接説明をすると、ほぼ理解を得ることが出来ません。そのため、ブリッジSEが間に入り、オフショア先への言語に翻訳、必要であれば補足を行います。設計書の翻訳を曖昧にしたり、間違えた解釈をしてしまうと取り返しのつかない問題に発展してしまうため、海外の分化をよく理解し、論理的な思考を用いて業務にあたることが求められます。

【オフショア先からの納品物確認】

設計書をもとにオフショア先のエンジニアが開発した納品物を確認します。設計書と照らし合わせて、細かくチェックを行うため、ブリッジSEにはシステム開発における技術的知識も必要とされます。万が一、納品物にミスがあった場合でも、早急に修正依頼を出すことで円滑に開発を進めていくサポートを行います。

【オフショア開発の進捗・品質報告】

オフショア開発の注意点としてあるのが、コストを安くすることに目的が行ってしまい、成果物の品質が著しく下がってしまうことで、結果的に想定以上の出費が発生してしまうということです。海外に業務を完全に任せきりにすると成果物の品質が想定外になることがあるため、進捗を細かくチェックし、軌道修正を都度行っていくことで、成果物の品質向上に努めます。
プロジェクト進行中は想像以上に忙しい内容ですが、日々の業務をこなしていくことで、確実なスキルに繋がることは間違いありません。

ブリッジSEの平均年収

ブリッジSEの年収は、450万円∼850万円程度と幅があります。平均年収は450万円と一般的なSEと同程度かしれ以上であることが分かります。オフショア開発のチームリーダー経験者は優遇され、高年収を得ることが出来ます。
オフショア開発の人気国として、アジア圏は多く、日本よりも物価が安いため、海外を拠点にしている場合に生活費を極端に下げることが出来るので、日本での生活よりも楽になる傾向があります。

ブリッジSEに必要な資格

必要な資格とは?
ブリッジSEとして活躍を目指す方に、とくにおすすめしたい資格は、「TOEIC」「PMP」「プロジェクトマネージャー試験」の3種類です。
ブリッジSEとしてやっていく上で、必ず必要な資格はありませんが、この3つを取得していることで、営業に活かすことが出来ます。

【TOEIC】

英語力をアピールする上で、有名な資格です。
アメリカの教育試験サービスが行う英語コミュニケーション能力を評価する世界共通テストになります。最低限の目安として、海外で暮らしていく上で最低500店程度は必要です。
これは、あくまでギリギリの点数なので、高ければ高いほど評価は上がります。業務の内容上、専門的な用語がたくさんあるため、英単語のボキャブラリーは増やしておきましょう。

【PMP】

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)は、プロジェクトマネジメントに関する国家試験です。内容は、各プロセスに必要なことを判断し、答えていくため難易度は比較的高く、資格取得後も一定の期間でプロジェクトマネジメント研修の履行を求められるので、資格維持のために向上心が必要な制度です。

【プロジェクトマネージャー試験】

プロジェクトマネージャー試験は、プロジェクトマネジメントのスキルを証明する国家資格になります。システム開発の技術や管理の仕方、業務に関する法律といったマネジメントをする上での幅広い知識を必要していて、合格率は約10%と非常に難易度が高い資格試験です。

ブリッジSEとして

プロジェクトマネジメントのブリッジSE
ブリッジSEとして求められるスキルはどんなものがあるのでしょうか。5つ紹介していきます。

【語学力】

何度も記述しますが、語学力は必須です。語学力とは、ただオフショア開発先の言語を話すことが出来るだけではありません。外国語を駆使した状態でのコミュニケーション能力の高さも求められます。その国の分化や風習をしっかりと把握し、信頼関係を構築していくことで、ブリッジSEとして様々な活躍をしていくことが出来るでしょう。

【技術知識・開発スキル】

ブリッジSEとして、オフショア開発先に設計書の翻訳と説明を行う必要がありますが、技術知識と開発スキルを有していなければ説明をすることは出来ません。設計スキル・プログラミング言語・コーディングスキル・コミュニケーションスキル・マネジメントスキルといった幅広いスキルを持っていればいるほど活かすことが出来ます。

【マネジメントスキル】

日本の企業とオフショア開発先の企業(エンジニア)の橋渡しとして、プロジェクトを進行していく能力が必要になります。管理職として必要なマネジメントスキルは必ず習得しましょう。プロジェクト全体を見渡し、問題が発生すれば、すぐに解決に動くことが出来るように論理的思考能力も持っておきましょう。

【コミュニケーション能力】

ほとんどの職種に必要ですが、コミュニケーション能力は大切です。
エンジニアやクライアントとの交渉を行う上でもコミュニケーション能力が高いと信頼を得やすいでしょう。交渉力と設計書の説明力は鍛えておきましょう。

【文化理解】

開発委託先の国の文化理解、日本との文化相違の理解をすることで、プロジェクトを円滑に進めていくことが出来るようになります。そのためには、現地スタッフや現地人と交流を行い文化理解を深め、ビジネスマナーや外国でのマナーを習得することで、無用なトラブルも割けることが出来ます。

ブリッジSEになるためには

ブリッジシステムエンジニア
ブリッジSEになるために必要なのは「ITエンジニアとしての経験(技術・知識)」「語学力(言語理解だけでなく、外国語でのコミュニケーション能力も必須)」になります。
外国語の習得に関しては、ある程度習得してから、現地で鍛える方法を使えますが、ITエンジニアとしての経験は、長く業務に携わっていなければ手に入れることが出来ません。
上記のブリッジSEに必要なスキルも考慮しながら、自己の成長に尽力しましょう。

【ブリッジSEに向いている人材は】

ブリッジSEになるには経験や知識が必要と説明しましたが、ただ能力があるだけではいけません。ブリッジSEとして意識を高く維持するためにも、ブリッジSEに向いている人材を紹介します。

「海外文化に興味あり」

ブリッジSEとしてオフショア開発を進めるには、海外を拠点にして業務にあたります。
そのたえめ、海外の分化に理解があり、順応することが出来るのが求められます。

「英語力」

海外の国の多くが英語を使用します。そのため、英語力があることで多くの国でブリッジSEとして動くことが出来ます。海外企業との信頼関係構築のためにも英語力は身に着けておきましょう。

「マネジメント力」

プロジェクトを進行していく上で、重要なのがマネジメントスキルです。
計画から成果物の納品まで進捗状況を常に把握して、円滑にプロジェクトを進行していく力が求められます。チームを動かすためにも必要な能力なので、ぜひ習得しましょう。
マネジメントスキルに関係するセミナーに参加することで同じ役職の人脈を広げていくことも可能です。

まとめ

以上、ブリッジSEとは何か、詳しく紹介しました。
ブリッジSEとには語学力やマネジメントスキル、コミュニケーション能力、IT技術知識
といったものが必要になります。経験を積みながら、日々成長していきましょう。
日本のITエンジニア不足解消のためのオフショア開発を上手に活用し、企業成長に貢献
していきます。オフショア開発の経験を積み、たくさんの企業や国と関わり知識や技術を習得しましょう。
ブリッジSEとして、グローバルな社会で活躍していきましょう。

関連記事

  1. 管理職研修では何を学ぶ?管理職研修の目的と内容を紹介

  2. マネジメント研修のおすすめは?エンジニアが学ぶべきプロジェクトマネジメントの研修ランキング

  3. フィリピンオフショア開発をまとめてみた!単価・魅力・課題などを紹介

  4. グローバルに活躍できるエンジニアを育成したい!求められるスキルや課題、育成方法を紹介

  5. ベトナムオフショア開発をまとめてみた!単価・魅力・課題などを紹介

  6. 次世代リーダーの育成で失敗しない3つの方法